メロンのレシピ

メロンのおいしい食べ方は、もちろん食べる前に冷蔵庫で少し冷やして、新鮮な実をそのまま召し上がることです。でも食べきれず余ってしまったり、完熟しすぎてしまったり、ということもありますよね。また、種と一緒についている「ワタ」の部分、実はそこには豊富な栄養が含まれているのですが、たべるときに取り除かれがちです。そんなときには、メロンを使ったおやつ料理を作ってみてはいかがでしょうか。メロンパン、メロンケーキの作り方をご紹介します。

果汁入りメロンパン

なんと贅沢にも本物のメロン果汁・果肉を使ったメロンパンのご紹介。メロンパンにメロンが入っていないという常識をくつがえす一品です。といっても、あまってしまったメロンでよいのです。食べごろよりも少し熟れてしまったメロンの方が、風味がでてオススメですよ。メロンの甘みがあるので、砂糖もちょっと少なめです。

クッキー生地の材料

  • バター 50g
  • 砂糖 40g
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • メロン 40g

作り方

料理メロンはフードプロセッサなどでピューレ状にすり潰しておきます。ボウルにバターをいれて常温で置いておきクリーム状にしておきます。ボウルに砂糖を加えて、バターと念入りによく混ぜます。ここは少し根気がいるかも知れませんが、おいしいメロンパンになることを願って丁寧に丁寧に混ぜ合わせます。混ざり合ったら、メロンを加えて軽く混ぜ、小麦粉、ベーキングパウダーを加え、ヘラなどで切るように混ぜて行きます。完全に合わされば、クッキー生地の完成です。クッキー生地はラップで包んで冷蔵庫で30分から1時間ほど冷やしましょう。クッキー生地を薄く延ばして、用意しておいた適当な大きさのパン生地を覆うように包みます。焼いている間にはがれないよう、しっかりとくっつけてください。最後に、表面に網目模様をかいて、予熱しておいた180度のオーブンで15分焼けばメロンパンの出来上がりです。尚、メロンの量はだいたい8分の1カットの半分くらいです。使う小麦粉との相性や、味の好みもありますのでおこのみで調節してみてください。

食パンで簡単メロンパン!

食パン上で紹介したレシピですが、フードプロセッサもないし、パン生地づくりは発酵などがあって手間がかかる、と思っていらっしゃる方に朗報です。食パンを代用すれば、簡単にメロンパンが作れます。四角く平たいメロンパンという、なかなか珍しいものになりますが、味は格別です。

クッキー生地の材料と作り方は同じで問題ありません。生地を包む際にですが、普通のメロンパンよりも少し薄く延ばしてください。トーストの「みみ」まで被るくらいに包んだら、トースターで5〜10分ほど焼いて完成です。どうしても焦げやすいので、焼いている最中は注意して見ていただいて、時々、向きを変えて全体に熱が通るようにしましょう。また、焦げ目の気になる人には、アルミホイルなどを敷いたり、食パンを冷蔵庫で冷やしたりしておくと軽減できるかも知れません。

メロンケーキ

メロンを使ったパウンドケーキです。お店などで売っているメロンケーキを目指して、フルーツケーキの要領で、メロンを使ってアレンジして見ました。こちらも、余りモノのメロンや、「ワタ」の絞り汁などを利用してしまって構いませんよ。

材料

  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • 砂糖 80g
  • バター 80g
  • 卵 1個
  • メロン 40g
  • ラム酒 適量
  • ドライフルーツ お好みで

作り方

レシピ小麦粉とベーキングパウダーはそれぞれふるっておき、ボウルに合わせておきます。別のボウルにバター、砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜ合わせます。バターと砂糖が合わさったら、卵とメロンを加え、全体的に均一になるまで泡立つくらいによく混ぜ合わせます。ふるって合わせておいた粉を材料に加え、切る様に混ぜて行きます。生地が出来上がったらラム酒、ドライフルーツを加えましょう。ラム酒とドライフルーツは無ければ入れなくても問題ありません。型にバターを塗り、できた生地を流し込みます。150度のオーブンで40分焼き、取り出してよく冷ませば完成です。ドライフルーツもメロンのものを使えば、とてもリッチな気分になります。焼き上がりに冷ました後、上面にラム酒やブランデーを塗ると、本格的なケーキに仕上がります。メロンブランデーを使って徹底してみるのもいいかも知れませんね。

生ハムメロン

生ハムメロンの作り方、といっても、新鮮なカットメロンの上に生ハムを載せれば完成です。もともとはイタリア料理ですが、なぜだかブルジョアジーなイメージがありますよね。でも、生ハムとメロンの組み合わせは単なるイメージだけではなく、とても効率的な組み合わせなのです。メロンのカロチンと、生ハムに多く含まれるビタミンB1で、疲れ回復、夏バテの防止にとても効果があります。また、メロンに含まれるカリウムを同時に摂取することで、生ハムで取りすぎた塩分を体外に出してくれる働きが期待できます。生ハムメロンはお互いの栄養の上から見てもベストなコンビと言えるのではないでしょうか?

メロンの漬物

メロン漬け、というものがあるのをご存知でしょうか?そのものずばりで、メロンを粕漬け、塩漬けにしたお漬物のことです。あの甘いフルーツを漬物に?と思ってしまうかもしれませんが、実は漬物にするのは甘く熟する前に摘み取ったものを使います。もとはキュウリの仲間ですので、瓜のお新香、といった感じでおいしいものです。ですが、ちょっとびっくりしてしまう、意外とも思えるその響きから徐々に人気を出し始めています。作り方も皮をむいて種を取り出し、他と同様つけこめばできますので、もし未熟なメロンが入手できたら挑戦してみてはいかがでしょうか。


▲このページの先頭に戻る

【メロンdaisuki!】

メロンの知識 : メロンの基礎知識 / メロンの食べごろ / メロンを栽培! / メロン狩りで収穫体験! / メロンのレシピ

メロンの人気品種 : 夕張メロン / 富良野メロン / アンデスメロン / マスクメロン / メロンのその他品種