アンデスメロン

アンデスメロンは低価格でありながら安定した味があり、大衆メロンとして広く普及し品種です。アンデスという名前がついていますが、実は日本生まれだということを知っていましたでしょうか?アンデスメロンの名前の由来や、広く普及した理由などについてご紹介していきます。

アンデスメロン

ネット 緑肉

アンデスメロンは果肉のみためが黄緑色で、甘さがあり、そしてマスクメロンよりもお手軽な値段で手に入るということで、現在でも広く普及していて、日本各地で栽培されている品種です。細かい網目模様も外観の特徴です。味もマスクメロンに似ているものですが、栽培がしやすいというメリットがあり、その為、たくさん収穫できるので、価格も低く抑えることができます。

名前の由来 〜「アンデス」って?

めろん「アンデス」という響きから、南アメリカにあるアンデス山脈やアンデス地方を連想してしまいますが、実は別のところから来ています。アンデスメロンは、もともとは1977年にサカタのタネが品種改良で開発したもので、「安心ですメロン」という名称でしたが、そこから縮めて今の名前が生まれました。そこには3つの安心の要素があるようです。アンデス地方とはえんもゆかりもないようです。日本の会社が作った品種なので、アンデスメロンの原産国というと日本ということになります。

ちなみにアンデス山脈の由来は、先住民族の言葉で「東」という意味の言葉から「アンティ」が変化したものと言われています。アンデスメロンとは全然関係がないようですね。

アンシン購入

アンデスメロンはマスクメロンに比べて値段が手軽で、お財布にも安心して買うことができます。値段を安く抑えられる理由には、栽培しやすいという点でコストが比較的かからなく、また、収穫も多くできるからですので、品質が悪いと言うわけではありません。食味もマスクメロン(アールスメロン)と風味が似ていて、さっぱりとした甘味があり、食べるときも安心というわけです。

アンシン販売

アンデスメロンは病気に強く、多く収穫でき、数量が安定しています。それゆえ、販売価格も低く設定でき、形も比較的安定していて、広く人気もある商品なので売り手にとっても悪くない商品です。日持ちもよく実が崩れにくいというところも、売る側には安心のメロンです。

アンシン栽培

アンデスメロンが人気を博した理由は、なんといっても植物の病気に強いというところです。メロンがかかりやすい病気の中に、うどんこ病、つる割れ病といったものがあり、こういった病気は農家にとっては作物がだめになってしまう深刻な問題なのです。しかし、アンデスメロンはこのような病気に比較的抵抗があり、農家の方も安心して栽培でき、収穫も多くできるというところから、「安心です」のひとつの理由となっています。

うどんこ病とは

うどんこ病は白渋病ともいい、植物がかかる病気で、葉っぱなどが白くなり、まるでうどん粉を振りかけたようになることから名前がきています。白い物質の正体はカビ菌の一種で、植物に寄生されると養分などが菌に吸い取られます。また、葉っぱの表面に発生する為、光合成の邪魔にもなります。その結果として、植物に栄養が行き渡らなくなり、果実が成長しなかったり、できても味が落ちていたりということになり、最悪の場合は枯れてしまうということになります。予防対策としては、専用の殺菌剤を蒔いたり、水はけと風通しをよくしたりすることがあります。また、感染した葉っぱを早期に発見したなら、摘み取ってしまうことも全体に広がらないようにする予防となります。

つる割れ病とは

つる割病とは、名前の通り進行すると植物のツルが割れてしまう病気です。ウリ科の植物がかかりやすく、メロンもそのうちです。根からカビ菌の一種が入り込み、寄生することが原因で、感染すると地面際が茶色く変色して、徐々にしおれるようになってきます。ひどいケースになると、つるや茎が割れて、植物全体が枯れてしまいます。予防対策としては、つる割れ病に対応した除菌剤を散布したり、または、二つの植部を切って人工的につなげる、「接木(つぎき)」という手法によって抵抗を強くしたりします。土にいる菌が原因ですので、発生した土地には消毒などの対応が必要となります。尚、アンデスメロンは抵抗をもっているので、接ぎ木が不要とも言われています。


▲このページの先頭に戻る

【メロンdaisuki!】

メロンの知識 : メロンの基礎知識 / メロンの食べごろ / メロンを栽培! / メロン狩りで収穫体験! / メロンのレシピ

メロンの人気品種 : 夕張メロン / 富良野メロン / アンデスメロン / マスクメロン / メロンのその他品種